第七巻 : はしたての倉橋川の石の橋はも

2006年01月14日(日)更新


原文: 橋立 倉椅川 石走者裳 壮子時 我度為 石走者裳

作者: 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)歌集より

よみ: はしたての、倉橋川(くらはしがわ)の、石の橋はも、男盛(をざか)りに、我(わ)が渡りてし、石の橋はも

意味: 倉橋川(くらはしがわ)の石の橋はどうなったでしょう。私が若いときに、渡るように置いておいた、あの石の橋はどうなったでしょう。

「はしたての」は「倉(くら)」を導く枕詞(まくらことば)です。

倉橋川 撮影(2003.03.08) by きょう

第七巻