第七巻 : 佐伯山卯の花持ちし愛しきが

平成10年5月31日(日)更新


原文: 佐伯山 于花以之 哀我 手鴛取而者 花散鞆

作者:不明

よみ: 佐伯山(さへきやま)、卯の花持ちし、愛(かな)しきが、手をし取りてば、花は散るとも

意味: 佐伯山(さへきやま)で、卯の花を持っている愛しい人の手をとることができたら、花は散ってもいいのです。


に戻る | 第七巻に戻る