第七巻 : 月草に衣ぞ染むる君がため

平成11年11月28日(日)更新


原文: 月草尓 衣曽染流 君之為 綵色衣 将摺跡念而

作者:不明

よみ: 月草(つきくさ)に衣ぞ染むる、君がため、斑(まだら)の衣、摺(す)らむと思ひて

意味: あなたに見てもらいたくて、斑(まだら)の衣にしようと思って、私の衣を月草(つきくさ)で染めてみたのです。


第七巻