第二巻 : 足代過ぎて糸鹿の山の

2000年4月16日(日)更新


原文: 足代過而 絲鹿乃山之 櫻花 不散在南 還来万代

作者:不明

よみ: 足代(あて)過ぎて、糸鹿(いとか)の山の花、散らずあらなむ、還(かへ)り来るまで

意味: 足代(あて)を過ぎて糸鹿(いとか)の山まで来てしまいました。私が戻ってくるまでが散らないで欲しい。

「足代(あて)」は、現在の和歌山県有田市、有田郡あたりの地名と言われていますが、はっきりとはしていません。

撮影(1998) by きょう

第七巻