第七巻 : すめろきの神の宮人ところづら

2001年11月18日(日)更新


原文: 皇祖神之 神宮人 冬薯蕷葛 弥常敷尓 吾反将見

作者: 不明

よみ: すめろきの、神の宮人(みやひと)、ところづら、いや常敷(とこしく)に、我れかへり見む

意味: 代々の天皇に仕えている宮人が野老(ところ)の蔓(つる)のように、とこしえ(=末長く)に続いて行くように、いつまでも吉野を見ていたいものです。

撮影(1998) by きょう

第七巻