第一巻 : 飛ぶ鳥の明日香の里を置きて去なば

2010年01月03日(日)更新


原文:飛鳥 明日香能里乎 置而伊奈婆 君之當者 不所見香聞安良武

作者: 元明天皇(げんめいてんのう)

よみ:飛ぶ鳥の、明日香の里を、置きて去(い)なば、君があたりは、見えずかもあらむ

意味: 明日香の里を置いて、奈良の都に行ってしまえば、あなたが住んでいるところはもう見えないのでしょうね。

「飛ぶ鳥の」は、「明日香」を導く枕詞として使われています。

和銅3年に藤原宮から奈良の都に遷都する時に、御輿(みこし)を長屋の原に停めて、古里を望んで詠んだ歌とされています。

撮影 by きょう

第一巻