第一巻 : 川上のつらつら椿つらつらに

平成九年丑年三月二十二日(土)更新

原文: 河上乃 列々椿 都良々々尓 雖見安可受 巨勢能春野者

作者: 春日蔵首老(かすがのくらびとおゆ)

よみ: 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢(こせ)の春野は

意味: 川沿いのたくさんの椿をよくよく眺めているけれど、巨勢の春は飽きないことです。

万葉集に戻る | 第一巻に戻る