万葉集:蘇我入鹿(そがのいるか)

平成10年5月3日(日)更新


概要 備考
出自生年・没年不明 〜 皇極4年(645)
家族父 : 蘇我蝦夷(そがのえみし)
母 : 不明。
主な活動

皇極2年(643)、山背大兄王(やましろのおおえのおう)を襲撃・殺害する。

皇極4年(645)、乙巳(いっし)の変で中大兄皇子(なかのおおえのみこ)らに殺害される。

その他

現在、奈良県高市郡明日香村の飛鳥寺の裏手に、入鹿の首塚が残っています。


に戻る | 関連する人々に戻る