第九巻 : 神なびの神寄せ板にする杉の

平成11年47月25日(日更新


原文: 神南備 神依板尓 為杉乃 念母不過 戀之茂尓

作者: 柿本人麻呂歌集より

よみ: 神なびの、神寄せ板に、するの、思ひも過ぎず、恋の繁(しげ)きに

意味: 神南備(かんなび)の、神寄せ板にするのように、過ぎてはいかない私の心。(神々しいあなたさまへの)恋する気持ちが激しくて。

弓削皇子(ゆげのみこ)に献じられた歌です。「神寄せ板」は、神が降りてくるための板のことです。

「神南備(かんなび)」は、三輪山(みわやま)、もしくは飛鳥(あすか)の神奈備(かんなび)と考えられています。甘樫丘(あまかしのおか)のページもご参照ください。


第九巻