紅葉 撮影 by きょう

黄葉(もみち)

現在では、落葉樹の葉の色が変わることをいいますが、万葉集には草木の葉が黄色や赤色に変化することをいうようです。

黄葉(もみち)を詠んだ歌

万葉集の歌に詠まれる「もみじ」は、「黄葉」と書かれているものが圧倒的で、「紅葉」はごくわずかです。その理由として、「奈良時代には黄色く色づくものが注目されたためだ」、という説がありますが、否定的な説もあります。

黄葉(もみち)を詠んだ歌は100首を越えますが、その多くは、巻8と巻10に集中しています。なお、黄葉を春の花と対照している歌もいくつか見られます。

0016: 冬ごもり春さり来れば鳴かざりし鳥も来鳴きぬ.......(長歌)

0038: やすみしし我が大君神ながら神さびせすとて.......(長歌)

0047: ま草刈る荒野にはあれど黄葉の過ぎにし君が形見とぞ来し

0135: つのさはふ石見の海の言さへく唐の崎なる.......(長歌)

0137: 秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む

0159: やすみしし我が大君の夕されば見したまふらし.......(長歌)

0196: 飛ぶ鳥の明日香の川の上つ瀬に.......(長歌)

0207: 天飛ぶや軽の道は我妹子が里にしあれば.......(長歌)

0208: 秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも

0209: 黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆ

0423: つのさはふ磐余の道を朝さらず行きけむ人の.......(長歌)

0459: 見れど飽かずいましし君が黄葉のうつりい行けば悲しくもあるか

0543: 大君の行幸のまにまもののふの八十伴の.......(長歌)

0623: 松の葉に月はゆつりぬ黄葉の過ぐれや君が逢はぬ夜ぞ多き

1053: 吾が大君神の命の高知らす布当の宮は.......(長歌)

1094: 我が衣色取り染めむ味酒三室の山は黄葉しにけり

1306: この山の黄葉が下の花を我れはつはつに見てなほ恋ひにけり

1409: 秋山の黄葉あはれとうらぶれて入りにし妹は待てど来まさず

1512: 経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそね

1513: 今朝の朝明雁が音聞きつ春日山もみちにけらし我が心痛し

1516: 秋山にもみつ木の葉のうつりなばさらにや秋を見まく欲りせむ

1517: 味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しも

1536: 宵に逢ひて朝面なみ名張野の萩は散りにき黄葉早継げ

1554: 大君の御笠の山の黄葉は今日の時雨に散りか過ぎなむ

1571: 春日野に時雨降る見ゆ明日よりは黄葉かざさむ高円の山

1575: 雲の上に鳴きつる雁の寒きなへ萩の下葉はもみちぬるかも

1581: 手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかも

1582: めづらしき人に見せむと黄葉を手折りぞ我が来し雨の降らくに

1583: 黄葉を散らす時雨に濡れて来て君が黄葉をかざしつるかも

1584: めづらしと我が思ふ君は秋山の初黄葉に似てこそありけれ

1585: 奈良山の嶺の黄葉取れば散る時雨の雨し間なく降るらし

1586: 黄葉を散らまく惜しみ手折り来て今夜かざしつ何か思はむ

1587: あしひきの山の黄葉今夜もか浮かび行くらむ山川の瀬に

1588: 奈良山をにほはす黄葉手折り来て今夜かざしつ散らば散るとも

1589: 露霜にあへる黄葉を手折り来て妹とかざしつ後は散るとも

1590: 十月時雨にあへる黄葉の吹かば散りなむ風のまにまに

1591: 黄葉の過ぎまく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜は明けずもあらぬか

1604: 秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒るらく惜しも

1623: 我が宿にもみつ蝦手見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし

1676: 背の山に黄葉常敷く神岳の山の黄葉は今日か散るらむ

1703: 雲隠り雁鳴く時は秋山の黄葉片待つ時は過ぐれど

1758: 筑波嶺の裾廻の田居に秋田刈る妹がり遣らむ黄葉手折らな

1796: 黄葉の過ぎにし子らと携はり遊びし礒を見れば悲しも

2183: 雁がねは今は来鳴きぬ我が待ちし黄葉早継げ待たば苦しも

2184: 秋山をゆめ人懸くな忘れにしその黄葉の思ほゆらくに

2185: 大坂を我が越え来れば二上に黄葉流るしぐれ降りつつ

2187: 妹が袖巻来の山の朝露ににほふ黄葉の散らまく惜しも

2188: 黄葉のにほひは繁ししかれども妻梨の木を手折りかざさむ

2189: 露霜の寒き夕の秋風にもみちにけらし妻梨の木は

2190: 我が門の浅茅色づく吉隠の浪柴の野の黄葉散るらし

2194: 雁がねの来鳴きしなへに韓衣龍田の山はもみちそめたり

2195: 雁がねの声聞くなへに明日よりは春日の山はもみちそめなむ

2196: しぐれの雨間なくし降れば真木の葉も争ひかねて色づきにけり

2197: いちしろくしぐれの雨は降らなくに大城の山は色づきにけり

2198: 風吹けば黄葉散りつつすくなくも吾の松原清くあらなくに

2199: 物思ふと隠らひ居りて今日見れば春日の山は色づきにけり

2200: 九月の白露負ひてあしひきの山のもみたむ見まくしもよし

2201: 妹がりと馬に鞍置きて生駒山うち越え来れば黄葉散りつつ

2202: 黄葉する時になるらし月人の桂の枝の色づく見れば

2203: 里ゆ異に霜は置くらし高松の野山づかさの色づく見れば

2204: 秋風の日に異に吹けば露を重み萩の下葉は色づきにけり

2205: 秋萩の下葉もみちぬあらたまの月の経ぬれば風をいたみかも

2206: まそ鏡南淵山は今日もかも白露置きて黄葉散るらむ

2207: 我がやどの浅茅色づく吉隠の夏身の上にしぐれ降るらし

2208: 雁がねの寒く鳴きしゆ水茎の岡の葛葉は色づきにけり

2209: 秋萩の下葉の黄葉花に継ぎ時過ぎゆかば後恋ひむかも

2210: 明日香川黄葉流る葛城の山の木の葉は今し散るらし

2211: 妹が紐解くと結びて龍田山今こそもみちそめてありけれ

2212: 雁がねの寒く鳴きしゆ春日なる御笠の山は色づきにけり

2213: このころの暁露に我が宿の秋の萩原色づきにけり

2214: 夕されば雁の越え行く龍田山しぐれに競ひ色づきにけり

2215: さ夜更けてしぐれな降りそ秋萩の本葉の黄葉散らまく惜しも

2216: 故郷の初黄葉を手折り持ち今日ぞ我が来し見ぬ人のため

2217: 君が家の黄葉は早く散りにけりしぐれの雨に濡れにけらしも

2218: 一年にふたたび行かぬ秋山を心に飽かず過ぐしつるかも

2237: 黄葉を散らすしぐれの降るなへに夜さへぞ寒きひとりし寝れば

2296: あしひきの山さな葛もみつまで妹に逢はずや我が恋ひ居らむ

2297: 黄葉の過ぎかてぬ子を人妻と見つつやあらむ恋しきものを

2307: 黄葉に置く白露の色端にも出でじと思へば言の繁けく

2309: 祝らが斎ふ社の黄葉も標縄越えて散るといふものを

3223: かむとけの日香空の九月のしぐれの降れば雁がねも.......(長歌)

3224: ひとりのみ見れば恋しみ神なびの山の黄葉手折り来り君

3303: 里人の我れに告ぐらく汝が恋ふるうつくし夫は.......(長歌)

3333: 大君の命畏み蜻蛉島大和を過ぎて大伴の.......(長歌)

3344: この月は君来まさむと大船の思ひ頼みて.......(長歌)

3494: 子持山若かへるでのもみつまで寝もと我は思ふ汝はあどか思ふ

3693: 黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人し悲しも

3699: 秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づきぬらむ

3700: あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかも

3701: 竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にける

3702: 竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめ

3704: 黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて出でて来にけり

3707: 秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに

3713: 黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし時の経ゆけば

3716: 天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつろひにけり

3907: 山背の久迩の都は春されば花咲きををり秋されば.......(長歌)

3993: 藤波は咲きて散りにき卯の花は今ぞ盛りとあしひきの.......(長歌)

4160: 天地の遠き初めよ世間は常なきものと.......(長歌)

4161: 言とはぬ木すら春咲き秋づけばもみち散らくは常をなみこそ

4222: このしぐれいたくな降りそ我妹子に見せむがために黄葉取りてむ

4223: あをによし奈良人見むと我が背子が標けむ紅葉地に落ちめやも

4225: あしひきの山の紅葉にしづくあひて散らむ山道を君が越えまく

4259: 十月時雨の常か我が背子が宿の黄葉散りぬべく見ゆ

4268: この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見し草はもみちたりけり

4296: 天雲に雁ぞ鳴くなる高円の萩の下葉はもみちあへむかも

補足

更新日: 2015年09月20日(日)