万葉集: 遠江(とおとうみ)

2010年01月03日(日)更新


琵琶湖(びわこ)を近江(ちかつあふみ:ちかつおうみ)というのに対して都から遠い浜名湖(はまなこ)のある国ということで遠江(とおとうみ)と呼ばれます。今の静岡県の西部域ですね。なお、あふみ(淡海)は淡水湖(たんすいこ)の意味です。写真は、浜名湖です。

万葉集には2首に登場しています。3429番の歌の「引佐細江(いなさほそえ)」は、浜名湖の北部の地名です。

撮影(2004.04.09) by きょう

1293: 霰降り遠つ淡海の吾跡川楊刈れどもまたも生ふといふ吾跡川楊

3429: 遠江引佐細江のみをつくし我れを頼めてあさましものを


万葉地図