万葉集: 志都の石屋(しずのいわや)

2007年05月27日(日)更新


志都の石屋(しずのいわや)は現在の島根県大田市静間町の魚津海岸にある岩屋(静の窟:しずのいわや)と考えられています。

静の窟は古代の出雲の国造りに力をあわせた大汝(おおなむち)[大国主命:おおくにぬしのみこと]と少彦名(すくなひこな)の仮の住まいであったとの伝承があります。万葉集は、この伝承を踏まえた歌が1首だけ載っています。

静の岩屋(しずのいわや) 撮影(2007.05.02) by きょう

志都の石屋(しずのいわや)の場所としては、島根県大田市のほかに島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)などの説があるそうです。


0371: 大汝少彦名のいましけむ志都の石屋は幾代経にけむ


万葉地図