近江(あふみ)の海

琵琶湖(びわこ)) 撮影(2009.09) by きょう

近江(あふみ)の海は琵琶湖(びわこ)のことです。都から遠い浜名湖(はまなこ)を遠江(とおとうみ)と呼ぶのに対して、近淡海(ちかつあふみ)とも呼ばれました。淡海(あふみ)は淡水湖(たんすいこ)を意味しているようです。ちなみに、浜名湖は、古代は淡水湖だったそうです。

近江(あふみ)の海を詠んだ歌

万葉集では、「淡海(あふみ)の海」と詠まれています。

0153: 鯨魚取り近江の海を沖放けて漕ぎ来る船.......(長歌)

0266: 近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ

0273: 磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴さはに鳴く

1017: 木綿畳手向けの山を今日越えていづれの野辺に廬りせむ我れ

1169: 近江の海港は八十ちいづくにか君が舟泊て草結びけむ

1390: 近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐとはなしに

2435: 近江の海沖つ白波知らずとも妹がりといはば七日越え来む

2439: 近江の海沖つ島山奥まけて我が思ふ妹が言の繁けく

2440: 近江の海沖漕ぐ舟のいかり下ろし隠りて君が言待つ我れぞ

2445: 近江の海沈く白玉知らずして恋ひせしよりは今こそまされ

2728: 近江の海沖つ島山奥まへて我が思ふ妹が言の繁けく

3027: 近江の海辺は人知る沖つ波君をおきては知る人もなし

3237: あをによし奈良山過ぎてもののふの宇治川渡り.......(長歌)

3238: 逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花に波立ちわたる

3239: 近江の海泊り八十あり八十島の島の崎々.......(長歌)

更新日: 2017年12月17日(日)