奈良の都/平城京(へいじょうきょう)

平城京(へいじょうきょう)

元明天皇の和同3年(西暦710年)3月に藤原京からあわただしく平城京への遷都がなされました。以降、桓武天皇の延暦3年(784)年までの間、都として機能しました。ただし、天平12年~17年は、恭仁(くに)・紫香楽(しがらき)・難波(なにわ)に都が移されています。

この時代は、元明天皇・元正天皇・聖武天皇・孝謙天皇・淳仁天皇・称徳天皇(孝謙天皇に同じ)・光仁天皇・桓武天皇と続きました。

奈良の都を詠んだ歌

万葉集には18首(一部、異論のある歌もあります)に詠まれています。

0079: 大君の命畏み柔びにし家を置き.......(長歌)

0328: あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり

0330: 藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君

0331: 我が盛りまたをちめやもほとほとに奈良の都を見ずかなりなむ

0806: 龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来むため

0808: 龍の馬を我れは求めむあをによし奈良の都に来む人のたに

0882: 我が主の御霊賜ひて春さらば奈良の都に召上げたまはね

1044: 紅に深く染みにし心かも奈良の都に年の経ぬべき

1045: 世間を常なきものと今ぞ知る奈良の都のうつろふ見れば

1046: 岩綱のまた変若ちかへりあをによし奈良の都をまたも見むかも

1047: やすみしし我が大君の高敷かす大和の国は.......(長歌)

1048: たち変り古き都となりぬれば道の芝草長く生ひにけり

1049: なつきにし奈良の都の荒れゆけば出で立つごとに嘆きし増さる

1604: 秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒るらく惜しも

1639: 沫雪のほどろほどろに降りしけば奈良の都し思ほゆるかも

3602: あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも

3612: あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行く船の泊り告げむに

3613: 海原を八十島隠り来ぬれども奈良の都は忘れかねつも

3618: 山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも

3676: 天飛ぶや雁を使に得てしかも奈良の都に言告げ遣らむ

3919: あをによし奈良の都は古りぬれどもと霍公鳥鳴かずあらなくに

4245: そらみつ大和の国あをによし奈良の都ゆ.......(長歌)

4266: あしひきの八つ峰の上の栂の木のいや継ぎ継ぎに.......(長歌)

更新日: 2016年04月03日(日)