松帆より瀬戸大橋を望む 撮影(2011.12.04) by きょう

松帆(まつほ)の浦

松帆(まつほ)の浦は現在の兵庫県淡路市岩屋松帆付近と考えられています。写真は、近くに見える瀬戸大橋です。

松帆(まつほ)の浦を詠んだ歌

万葉集には、1首にだけ詠まれています。ただしこの歌は松帆(まつほ)の浦で詠んだ歌ではなく、名寸隅(なきすみ)の海から淡路島を見て詠んだ歌です。

0935: 名寸隅の舟瀬ゆ見ゆる淡路島松帆の浦に朝なぎに.......(長歌)

補足

更新日: 2012年02月05日(日)