木津川(きづがわ)/泉川(いずみがわ)

木津川 撮影(2004.11) by きょう

木津川は、三重県の青山高原から伊賀盆地、笠置山地、京都盆地南端を通って、淀川に流れ込んでいます。古くから水上交通に利用されていたとのことです。巻1の50番歌には、藤原京を造営する際、近江国の田上山から切り出した檜(ひのき)を、宇治川・木津川経由で大和に運んだことが詠まれています。

木津川(きづがわ)/泉川(いずみがわ)を詠んだ歌

万葉歌では「泉川(いずみがわ)」、「泉の川(いずみのかわ)」または「泉河(いずみがわ)」として登場しています。

0050: やすみしし我が大君高照らす日の皇子......(長歌)

1685: 川の瀬のたぎつを見れば玉藻かも散り乱れたる川の常かも

1686: 彦星のかざしの玉の妻恋ひに乱れにけらしこの川の瀬に

1695: 妹が門入り泉川の常滑にみ雪残れりいまだ冬かも

1708: 春草を馬咋山ゆ越え来なる雁の使は宿り過ぐなり

3315: 泉川渡り瀬深み我が背子が旅行き衣ひづちなむかも

3907: 山背の久迩の都は春されば.......(長歌)

3908: たたなめて泉の川の水脈絶えず仕へまつらむ大宮ところ

補足

更新日: 2016年09月25日(日)