更新 2016年03月27日(日)

  • 全体のレイアウトを変更しました。

高(たか)照(て)らす

日の御子(みこ)を導きます。日の御子(みこ)は、天皇、皇太子などをたたえて言う呼び方です。

栲(たく)づのの

新羅(しらき)を導きます。

たまかぎる

夕(ゆう)、ほのか、などを導きます。

玉衣(たまきぬ)の

「さゐさゐ」を導きます。「さゐさゐ(騒騒)」は、物がさわさわと鳴る様子をあらわす擬音語です。

たまきはる

宇智(うち:地名)を導きます。

玉葛(たまかづら)

「実(み)」を導きます。

玉櫛笥(たまくしげ)

「覆(おほ)ひ」や「みもろ」を導きます。

玉たすき

畝傍(うねび)」を導きます。

玉垂(たまだれ)の

「いざ見」を導きます。

玉梓(たまづさ)の

使(つかひ:使者のこと)を導きます。

玉桙(たまほこ)の

「道(みち)」を導きます。

たらちねの

「母」を導きます。

ちはやぶる

「荒々しい」という意味で、神を導きます。

栂(つが)の木の

「いや継(つ)ぎ継(つ)ぎに」を導きます。栂(つが)はマツ科ツガ属の常緑高木です。

つぎねふ

山背(やましろ)を導きます。つぎねは、一人静または二人静と考えられています。

つつじ花

「にほふ」を導きます。

つのさはふ

「いは」を導き、石見(いはみ)、磐余(いはれ)を導きます。

露霜(つゆしも)の

「置(お)く」を導きます。

鶏(とり)が鳴く

「東(あづま)」を導きます。