枕詞(まくらことば): 三栗(みつぐり)の

2003年6月29日(日)更新


「中(なか)」を導きます。のイガの中には三つの栗の実が入っていることから使われます。同様なものに、「三枝(さきくさ)の」があります。「三つ」と「中」は結びついて考えられていたのでしょうね。

撮影 by きょう

1745: 三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこに妻もが

1783: 松返りしひてあれやは三栗の中上り来ぬ麻呂といふ奴


枕詞 ま~も に戻る