第十四巻 : 柵越しに麦食む駒のはつはつに

2003年7月20日(日)更新


原文: 久敝胡之尓 武藝波武古宇馬能 波都々々尓 安比見之兒良之 安夜尓可奈思母

作者: 不明

よみ: 柵(くへ)越しに麦食(は)む駒のはつはつに、あひ見し子らしあやにかなしも

意味: 柵越しにを食べるように、ちらっとだけ会ったあの娘のことが、とてもいとおしい。

撮影 by きょう

第14巻