第十四巻 : 等夜の野に兎ねらはりをさをさも

平成10年3月22日(日)更新


原文: 等夜乃野尓 乎佐藝祢良波里 乎佐乎左毛 祢奈敝古由恵尓 波伴尓許呂波要

作者:不明

よみ: 等夜(とや)の野に、兎ねらはり、をさをさも、寝なへ子ゆゑに、母に嘖(ころ)はえ

意味: 等夜(とや)の野で兎(うさぎ)を狙っているような感じで、なかなか寝ようとしない子だから、お母さんにしかられるんだよ。

等夜(とや)の野は、下総の国の印幡(いんば)郡の鳥矢郷ということです。


に戻る | 第十四巻に戻る