第十四巻 : 下つ毛野みかもの山のこ楢のす

平成11年9月5日(日)更新


原文: 之母都家野 美可母乃夜麻能 許奈良能須 麻具波思兒呂波 多賀家可母多牟

作者:不明

よみ: 下つ毛野、みかもの山の、こ楢(なら)のす、まぐはし子ろは、誰(た)が笥(け)か持たむ

意味: 下つ毛野のみかもの山の、こ楢(なら)のように美しいあの娘は、だれの笥(け)をもつのだろう。

「下つ毛野」は、今の栃木県です。「みかもの山」は栃木県下都賀(しもつが)郡藤岡町の三鴨山です。大田和山(おおだわやま)ともいうようです。

「笥(け)」は食器です。「笥(け)を持つ」というのは、お嫁さんになるってことですね。

撮影(1999.6) by きょう

第十四巻