第十四巻 : 恋しけば袖も振らむを武蔵野の

平成9年11月09日(日)更新

原文: 古非思家波 素弖毛布良武乎 牟射志野乃 宇家良我波奈乃 伊呂尓豆奈由米

作者:不明

よみ: 恋しけば袖も振らむを、武蔵野の、うけらが花の、色に出(づ)な、ゆめ

意味: もし恋しくなったのでしたら、袖を振って(私のことを)呼んでくだされば良いのですよ。武蔵野のうけらの花の様に目立ったことをしないでくださいね、けっして。

に戻る | 第十四巻に戻る