第四巻 : 月草のうつろひやすく思へかも

2000年6月25日(日)更新


原文: 月草之 徙安久 念可母 我念人之 事毛告不来

作者:大伴坂上家之大娘(おおとものさかのうへのいへのおほいらつめ)

よみ: 月草(つきくさ)の、うつろひやすく思へかも、我が思ふ人の、言(こと)も告げ来ぬ

意味: 露草(つゆくさ)のように変わりやすいからでしょうか、私が想っているあの人がなんにも言って来ないのは。

坂上大嬢が大伴家持に贈った歌の一つです。露草で染めたものは、色が落ちやすいので、こういう言い方をしたようです。

撮影(1998) by きょう

第四巻