鉄砲百合 撮影(2015.08) by きょう

百合(ゆり)

ユリ科ユリ属の多年草の百合(ゆり)です。大きい花が風に揺れ動くことからついた名だということです。山百合、鉄砲百合、透かし百合、鹿の子百合、鬼百合、姫百合など種類が多く、万葉集歌の中での特定は難しいと言われています。

百合(ゆり)を詠んだ歌

万葉集では大伴家持(おおとものやかもち)が百合の歌を四首詠んでいますが、すべて「さ百合」と詠んでいます。ここでの「さ」は接頭語で、特定の百合をしめす言葉ではないように思われます。

1257: 道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや

1500: 夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ

1503: 我妹子が家の垣内のさ百合花ゆりと言へるはいなと言ふに似る

2467: 道の辺の草深百合の後もと言ふ妹が命を我れ知らめやも

4086: 油火の光りに見ゆる吾がかづらさ百合の花の笑まはしきかも

4087: 灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてき

4088: さ百合花ゆりも逢はむと思へこそ今のまさかもうるはしみすれ

4113: 大君の遠の朝廷と任きたまふ官のまに.......(長歌)

4115: さ百合花ゆりも逢はむと下延ふる心しなくは今日も経めやも

4116: 大君の任きのまにまに取り持ちて.......(長歌)

4369: 筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹ぞ昼も愛しけ

補足

更新日: 2015年08月23日(日)