万葉集: 忘れ草を詠んだ歌

2001年9月9日(日)更新


ユリ科ワスレグサ属の多年草です。キスゲ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどがあります。夏に1メートル程度のすらっとした茎の先に、ユリのような花を咲かせます。

中国の漢文には「忘憂草」として登場するため、日本では古くから「忘れ草」とよばれています。この花を持っていると、辛いことを忘れることができると言うことです。

ヤブカンゾウ 撮影(1998) by きょう


0334: 忘れ草我が紐に付く香具山の古りにし里を忘れむがため

0727: 忘れ草我が下紐に付けたれど醜の醜草言にしありけり

2475: 我が宿の軒にしだ草生ひたれど恋忘れ草見れどいまだ生ひず

3060: 忘れ草我が紐に付く時となく思ひわたれば生けりともなし

3062: 忘れ草垣もしみみに植ゑたれど醜の醜草なほ恋ひにけり