撮影 by きょう

卯(う)の花

ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木である空木(うつぎ)の花のことです。日本原産です。5月頃に白い5弁の花を沢山咲かせます。幹の中が中空で、空ろな木だから「空木(うつぎ)」だということです。

卯(う)の花を詠んだ歌

万葉集には24首に登場します。その多くが、霍公鳥(ほととぎす)とセットで詠まれています。「卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて。。。」という歌を聞いたことがありますよね。

1259: 佐伯山卯の花持ちし愛しきが手をし取りてば花は散るとも

1472: 霍公鳥来鳴き響もす卯の花の伴にや来しと問はましものを

1477: 卯の花もいまだ咲かねば霍公鳥佐保の山辺に来鳴き響もす

1482: 皆人の待ちし卯の花散りぬとも鳴く霍公鳥我れ忘れめや

1491: 卯の花の過ぎば惜しみか霍公鳥雨間も置かずこゆ鳴き渡る

1501: 霍公鳥鳴く峰の上の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ

1755: 鴬の卵の中に霍公鳥独り生れて己が父に.......(長歌)

1899: 春されば卯の花ぐたし我が越えし妹が垣間は荒れにけるかも

1942: 霍公鳥鳴く声聞くや卯の花の咲き散る岡に葛引く娘女

1945: 朝霧の八重山越えて霍公鳥卯の花辺から鳴きて越え来ぬ

1953: 五月山卯の花月夜霍公鳥聞けども飽かずまた鳴かぬかも

1957: 卯の花の散らまく惜しみ霍公鳥野に出で山に入り来鳴き響もす

1963: かくばかり雨の降らくに霍公鳥卯の花山になほか鳴くらむ

1975: 時ならず玉をぞ貫ける卯の花の五月を待たば久しくあるべみ

1976: 卯の花の咲き散る岡ゆ霍公鳥鳴きてさ渡る君は聞きつや

1988: 鴬の通ふ垣根の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ

1989: 卯の花の咲くとはなしにある人に恋ひやわたらむ片思にして

3978: 妹も我れも心は同じたぐへれどいやなつかしく相見れば.......(長歌)

3993: 藤波は咲きて散りにき卯の花は今ぞ盛りとあしひきの.......(長歌)

4008: あをによし奈良を来離れ天離る鄙にはあれど我が背子を.......(長歌)

4066: 卯の花の咲く月立ちぬ霍公鳥来鳴き響めよ含みたりとも

4089: 高御倉天の日継とすめろきの神の命の聞こしをす国の.......(長歌)

4091: 卯の花のともにし鳴けば霍公鳥いやめづらしも名告り鳴くなへ

4217: 卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがも

補足

更新日: 2013年06月02日(日)