万葉集: うけらを詠んだ歌

2003年2月16日(日)更新


「うけら」は薬草として知られている「おけら」のことです。キク科の多年草です。日当たりの良い山地に生え、9月~10月頃に白い花を咲かせます。たまに、紅い花もあるそうです。

万葉集では第14巻の三首に登場します。いずれも相聞歌です。

撮影(1997) by きょう

3376: 恋しけば袖も振らむを武蔵野のうけらが花の色に出なゆめ

3379: 我が背子をあどかも言はむ武蔵野のうけらが花の時なきものを

3503: 安齊可潟潮干のゆたに思へらばうけらが花の色に出めやも


万葉集の草花