万葉集:豆(まめ)を詠んだ歌

平成10年9月27日(日)更新


豆を詠んだ歌は1首だけです。「豆」といえば普通は「大豆(だいず)」を意味しますが、万葉集に出てくる豆は野生のもののようで種類も特定できません。

写真はえんどう豆の花です。3月~6月頃に花を咲かせます。野原でも見つけることができます。

4352: 道の辺の茨のうれに延ほ豆のからまる君をはかれか行かむ


に戻る | 万葉集の草花に戻る