栗 撮影(2015.08) by きょう

栗(くり)

栗の花 撮影 by きょう

ブナ科クリ属の落葉植物です。説明の必要の無いほど、秋の味覚として馴染み深いものですね。栗の花は6月頃に、枝の腋から細長い紐のような花穂を伸ばして、小さい花を集めたようにして咲きます。先の方には雄花、元の方には雌花が咲きます。

栗(くり)を詠んだ歌

万葉集には3首に登場します。いずれも、花ではなくて実に関する歌です。

0802: 瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ.......(長歌)

1745: 三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこに妻もが

1783: 松返りしひてあれやは三栗の中上り来ぬ麻呂といふ奴

補足

更新日: 2015年09月06日(日)