赤芽柏 撮影(2003) by きょう

久木(ひさぎ)

ひさぎは、トウダイグサ科アカメガシワ属の落葉高木の赤芽柏(あかめわしわ)と考えられています。初春の新芽が赤くて美しいのが特徴です。また、昔はこの葉をカシワと同じように食物をのせるのに用いたことから「赤芽柏」の名がついたとのことです。

なお、ノウゼンカズラ科キササゲ属の木大角豆(きささげ)だという説もあります。

久木(ひさぎ)を詠んだ歌

万葉集には四首に登場します。

0925: ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く

1863: 去年咲きし久木今咲くいたづらに地にか落ちむ見る人なしに

2753: 波の間ゆ見ゆる小島の浜久木久しくなりぬ君に逢はずして

3127: 度会の大川の辺の若久木我が久ならば妹恋ひむかも

補足

更新日: 2014年04月27日(日)