万葉集: 花勝見(はなかつみ)を詠んだ歌

2003年5月11日(日)更新


花勝見(はなかつみ)が何なのかははっきりとはしていません。花菖蒲(はなしょうぶ)ではないかと考えられています。花菖蒲(はなしょうぶ)は5~6月頃に日当たりの良い乾燥したところに生えます。紫か白の花をつけます。

万葉集には一首だけに登場します。なお、花勝見(はなかつみ)が何であるかについては、ひめしゃが、かたばみ、葦の花などの説もあるようです。

0675: をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも