栴檀(せんだん) 撮影(2004.05.14) by きょう

楝(あふち)

楝(あふち)は、センダン科センダン属の落葉高木の栴檀(せんだん)の古名です。5~6月頃に薄紫色の花を咲かせます。秋に実がなります。

ちなみに、「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より香(かんば)し」の栴檀(せんだん)は白檀(びゃくだん)の別名で、楝(あふち)とは別物です。

楝(あふち)を詠んだ歌

万葉集には4首に登場します。

0798: 妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに

1973: 我妹子に楝の花は散り過ぎず今咲けるごとありこせぬかも

3910: 玉に貫く楝を家に植ゑたらば山霍公鳥離れず来むかも

3913: 霍公鳥楝の枝に行きて居ば花は散らむな玉と見るまで

補足

更新日: 2011年05月22日(日)