第五巻 : 妹が家に雪かも降ると見るまでに

平成11年3月28日(日)更新


原文: 伊母我陛邇 由岐可母不流登 弥流麻提尓 許々陀母麻我不 烏梅能波奈可毛

作者: 小野國堅(をののくにかた)

よみ: 妹(いも)が家(へ)に、雪かも降ると、見るまでに、ここだもまがふ、の花かも

意味: あの女(ひと)の家に、雪が降ったのかと見まがうほどに咲いているの花ですねぇ。

天平2年正月13日に太宰府の帥(そち)大伴旅人(おおとものたびと)さんの邸宅で宴会をしました。そのときに、参加者が詠んだ梅の歌のひとつです。


| 第五巻に戻る