第五巻 : 梅の花咲きて散りなば桜花

2010年01月10日(日)更新


原文: 烏梅能波奈 佐企弖知理奈波 佐久良婆那 都伎弖佐久倍久 奈利尓弖阿良受也

作者: 藥師張氏福子(くすしちょうしのふくし)

よみ: 梅の花、咲きて散りなば、桜花(さくらばな)、継(つ)ぎて咲くべく、なりにてあらずや

意味: 梅の花が咲いて散ったら、すぐに続いて桜(さくら)が咲きそうになっているではないですか。

天平2年1月13日、大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で催された宴会のときに詠まれた歌の一つです。

藥師(くすし)は、今の医者にあたる人のことです。

撮影(2002.03) by きょう

第五巻