原文

阿乎夜奈義 烏梅等能波奈乎 遠理可射之 能弥弖能々知波 知利奴得母與斯

作者

沙弥満誓(しゃみのまんぜい)

よみ

青柳(あおやなぎ)梅(うめ)との花を、折りかざし、飲みての後(のち)は、散りぬともよし

柳(2011) 撮影 by きょう

意味

青柳(あおやなぎ)梅(うめ)の花を手折って髪飾りにし、飲んでたのしんだあとは散ってもかまいません。

補足

天平2年(西暦730年)1月13日、大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅でひらかれた宴席で詠まれた梅の歌三十二首のうちのひとつです。

更新日: 2011年07月10日(日)