第五巻 : 梅の花今盛りなり思ふどち

2000年2月6日(日)更新


原文: 烏梅能波奈 伊麻佐可利奈理 意母布度知 加射之尓斯弖奈 伊麻佐可利奈理

作者: 葛井大夫(ふじいたいう)

よみ: の花、今盛りなり、思ふどち、かざしにしてな、今盛りなり

意味: の花が今満開ですよ。さぁ、友よ、髪かざりにしよう。今が盛りですよ。

天平2年(730)正月13日に、大宰府の長官である大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で宴会をした時に、参加者がそれぞれ詠んだ梅の花の歌32首の一つです。

「思ふどち」は、お互いに気の合った友達のことです。

具満タン7より

第五巻