万葉集 第五巻

雑歌だけの巻です。大伴旅人(おおとものたびと)山上憶良(やまのうえのおくら)に関わる歌が多いですね。


0793: 世間は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり

0794: 大君の遠の朝廷としらぬひ筑紫の国に.......(長歌)

0795: 家に行きていかにか我がせむ枕付く妻屋寂しく思ほゆべしも

0796: はしきよしかくのみからに慕ひ来し妹が心のすべもすべなさ

0797: 悔しかもかく知らませばあをによし国内ことごと見せましものを

0798: 妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに

0799: 大野山霧立ちわたる我が嘆くおきその風に霧立ちわたる

0800: 父母を見れば貴し妻子見ればめぐし愛し.......(長歌)

0801: ひさかたの天道は遠しなほなほに家に帰りて業を為まさに

0802: 瓜食めば子ども思ほゆ栗食めば.......(長歌)

0803: 銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも

0804: 世間のすべなきものは年月は流るるごとし.......(長歌)

0805: 常磐なすかくしもがもと思へども世の事なれば留みかねつも

0806: 龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来むため

0807: うつつには逢ふよしもなしぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ

0808: 龍の馬を我れは求めむあをによし奈良の都に来む人のたに

0809: 直に逢はずあらくも多く敷栲の枕去らずて夢にし見えむ

0810: いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕かむ

0811: 言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にしあるべし

0812: 言とはぬ木にもありとも我が背子が手馴れの御琴地に置かめやも

0813: かけまくはあやに畏し足日女神の命韓国を.......(長歌)

0814: 天地のともに久しく言ひ継げとこの奇し御魂敷かしけらしも

0815: 正月立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しき終へめ

0816: 梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも

0817: 梅の花咲きたる園の青柳は蘰にすべくなりにけらずや

0818: 春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ

0819: 世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にもならましものを

0820: 梅の花今盛りなり思ふどちかざしにしてな今盛りなり

0821: 青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし

0822: 我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも

0823: 梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつつ

0824: 梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも

0825: 梅の花咲きたる園の青柳を蘰にしつつ遊び暮らさな

0826: うち靡く春の柳と我がやどの梅の花とをいかにか分かむ

0827: 春されば木末隠りて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に

0828: 人ごとに折りかざしつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも

0829: 梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや

0830: 万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし

0831: 春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐も寝なくに

0832: 梅の花折りてかざせる諸人は今日の間は楽しくあるべし

0833: 年のはに春の来らばかくしこそ梅をかざして楽しく飲まめ

0834: 梅の花今盛りなり百鳥の声の恋しき春来るらし

0835: 春さらば逢はむと思ひし梅の花今日の遊びに相見つるかも

0836: 梅の花手折りかざして遊べども飽き足らぬ日は今日にしありけり

0837: 春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲く

0838: 梅の花散り乱ひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて

0839: 春の野に霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る

0840: 春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に

0841: 鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆ

0842: 我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ

0843: 梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ

0844: 妹が家に雪かも降ると見るまでにここだもまがふ梅の花かも

0845: 鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため

0846: 霞立つ長き春日をかざせれどいやなつかしき梅の花かも

0849: 残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも

0850: 雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人もがも

0851: 我がやどに盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも

0852: 梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべこそ

0864: 後れ居て長恋せずは御園生の梅の花にもならましものを

0865: 君を待つ松浦の浦の娘子らは常世の国の海人娘子かも

0866: はろはろに思ほゆるかも白雲の千重に隔てる筑紫の国は

0867: 君が行き日長くなりぬ奈良道なる山斎の木立も神さびにけり

0868: 松浦県佐用姫の子が領巾振りし山の名のみや聞きつつ居らむ

0869: 足姫神の命の魚釣らすとみ立たしせりし石を誰れ見き

0870: 百日しも行かぬ松浦道今日行きて明日は来なむを何か障れる

0871: 遠つ人松浦佐用姫夫恋ひに領巾振りしより負へる山の名

0872: 山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけむ

0873: 万世に語り継げとしこの丘に領巾振りけらし松浦佐用姫

0874: 海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫

0875: 行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用姫

0876: 天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るもの

0877: ひともねのうらぶれ居るに龍田山御馬近づかば忘らしなむか

0878: 言ひつつも後こそ知らめとのしくも寂しけめやも君いまさずして

0879: 万世にいましたまひて天の下奏したまはね朝廷去らずて

0880: 天離る鄙に五年住まひつつ都のてぶり忘らえにけり

0881: かくのみや息づき居らむあらたまの来経行く年の限り知らずて

0882: 我が主の御霊賜ひて春さらば奈良の都に召上げたまはね

0883: 音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦山

0884: 国遠き道の長手をおほほしく今日や過ぎなむ言どひもなく

0885: 朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲り

0886: うちひさす宮へ上るとたらちしや母が手離れ.......(長歌)

0887: たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別るらむ

0888: 常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに

0889: 家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも

0890: 出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父母らはも

0891: 一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ

0892: 風雑り雨降る夜の雨雑り雪降る夜は.......(長歌)

0893: 世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

0894: 神代より言ひ伝て来らくそらみつ大和の国は.......(長歌)

0895: 大伴の御津の松原かき掃きて我れ立ち待たむ早帰りませ

0896: 難波津に御船泊てぬと聞こえ来ば紐解き放けて立ち走りせむ

0897: たまきはるうちの限りは平らけく安くも.......(長歌)

0898: 慰むる心はなしに雲隠り鳴き行く鳥の音のみし泣かゆ

0899: すべもなく苦しくあれば出で走り去ななと思へどこらに障りぬ

0900: 富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはも

0901: 荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみ

0902: 水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつ

0903: しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年にもがと思ほゆるかも

0904: 世間の貴び願ふ七種の宝も我れは何せむに.......(長歌)

0905: 若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせ

0906: 布施置きて我れは祈ひ祷むあざむかず直に率行きて天道知らしめ

更新日: 2017年02月12日(日)