第十五巻は、大きく二つの歌の集まりからできていますが、きちんと整理はされていない感じです。一つは新羅(しらぎ)に遣わされた人たち(遣新羅使(けんしらぎし))の歌で、もう一つは中臣宅守(なかとみのやかもり)と狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)との贈答歌です。


新羅(しらぎ)に遣わされた人たちの歌

3578: 武庫の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて恋に死ぬべし

3579: 大船に妹乗るものにあらませば羽ぐくみ持ちて行かましものを

3580: 君が行く海辺の宿に霧立たば我が立ち嘆く息と知りませ

3581: 秋さらば相見むものを何しかも霧に立つべく嘆きしまさむ

3582: 大船を荒海に出だしいます君障むことなく早帰りませ

3583: ま幸くて妹が斎はば沖つ波千重に立つとも障りあらめやも

3584: 別れなばうら悲しけむ我が衣下にを着ませ直に逢ふまでに

3585: 我妹子が下にも着よと贈りたる衣の紐を我れ解かめやも

3586: 我がゆゑに思ひな痩せそ秋風の吹かむその月逢はむものゆゑ

3587: 栲衾新羅へいます君が目を今日か明日かと斎ひて待たむ

3588: はろはろに思ほゆるかもしかれども異しき心を我が思はなくに

3589: 夕さればひぐらし来鳴く生駒山越えてぞ我が来る妹が目を欲り

3590: 妹に逢はずあらばすべなみ岩根踏む生駒の山を越えてぞ我が来る

3591: 妹とありし時はあれども別れては衣手寒きものにぞありける

3592: 海原に浮寝せむ夜は沖つ風いたくな吹きそ妹もあらなくに

3593: 大伴の御津に船乗り漕ぎ出てはいづれの島に廬りせむ我れ

3594: 潮待つとありける船を知らずして悔しく妹を別れ来にけり

3595: 朝開き漕ぎ出て来れば武庫の浦の潮干の潟に鶴が声すも

3596: 我妹子が形見に見むを印南都麻白波高み外にかも見む

3597: わたつみの沖つ白波立ち来らし海人娘子ども島隠る見ゆ

3598: ぬばたまの夜は明けぬらし玉の浦にあさりする鶴鳴き渡るなり

3599: 月読の光りを清み神島の礒廻の浦ゆ船出す我れは

3600: 離れ礒に立てるむろの木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも

3601: しましくもひとりありうるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ

3602: あをによし奈良の都にたなびける天の白雲見れど飽かぬかも

3603: 青楊の枝伐り下ろしゆ種蒔きゆゆしき君に恋ひわたるかも

3604: 妹が袖別れて久になりぬれど一日も妹を忘れて思へや

3605: わたつみの海に出でたる飾磨川絶えむ日にこそ我が恋やまめ

3606: 玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬りす我れは

3607: 白栲の藤江の浦に漁りする海人とや見らむ旅行く我れを

3608: 天離る鄙の長道を恋ひ来れば明石の門より家のあたり見ゆ

3609: 武庫の海の庭よくあらし漁りする海人の釣舟波の上ゆ見ゆ

3610: 安胡の浦に舟乗りすらむ娘子らが赤裳の裾に潮満つらむか

3611: 大船に真楫しじ貫き海原を漕ぎ出て渡る月人壮士

3612: あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行く船の泊り告げむに

3613: 海原を八十島隠り来ぬれども奈良の都は忘れかねつも

3614: 帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾ひて行かな

3615: 我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧たなびけり

3616: 沖つ風いたく吹きせば我妹子が嘆きの霧に飽かましものを

3617: 石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆ

3618: 山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも

3619: 礒の間ゆたぎつ山川絶えずあらばまたも相見む秋かたまけて

3620: 恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島蔭に廬りするかも

3621: 我が命を長門の島の小松原幾代を経てか神さびわたる

3622: 月読みの光りを清み夕なぎに水手の声呼び浦廻漕ぐかも

3623: 山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖になづさふ

3624: 我れのみや夜船は漕ぐと思へれば沖辺の方に楫の音すなり

3625: 夕されば葦辺に騒き明け来れば沖になづさふ.......(長歌)

3628: 玉の浦の沖つ白玉拾へれどまたぞ置きつる見る人をなみ

3629: 秋さらば我が船泊てむ忘れ貝寄せ来て置けれ沖つ白波

3630: 真楫貫き船し行かずは見れど飽かぬ麻里布の浦に宿りせましを

3631: いつしかも見むと思ひし粟島を外にや恋ひむ行くよしをなみ

3632: 大船にかし振り立てて浜清き麻里布の浦に宿りかせまし

3633: 粟島の逢はじと思ふ妹にあれや安寐も寝ずて我が恋ひわたる

3634: 筑紫道の可太の大島しましくも見ねば恋しき妹を置きて来ぬ

3635: 妹が家路近くありせば見れど飽かぬ麻里布の浦を見せましものを

3636: 家人は帰り早来と伊波比島斎ひ待つらむ旅行く我れを

3637: 草枕旅行く人を伊波比島幾代経るまで斎ひ来にけむ

3638: これやこの名に負ふ鳴門のうづ潮に玉藻刈るとふ海人娘子ども

3639: 波の上に浮き寝せし宵あど思へか心悲しく夢に見えつる

3640: 都辺に行かむ船もが刈り薦の乱れて思ふ言告げやらむ

3641: 暁の家恋しきに浦廻より楫の音するは海人娘子かも

3642: 沖辺より潮満ち来らし可良の浦にあさりする鶴鳴きて騒きぬ

3643: 沖辺より船人上る呼び寄せていざ告げ遣らむ旅の宿りを

3644: 大君の命畏み大船の行きのまにまに宿りするかも

3645: 我妹子は早も来ぬかと待つらむを沖にや住まむ家つかずして

3646: 浦廻より漕ぎ来し船を風早み沖つみ浦に宿りするかも

3647: 我妹子がいかに思へかぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆる

3648: 海原の沖辺に灯し漁る火は明かして灯せ大和島見む

3649: 鴨じもの浮寝をすれば蜷の腸か黒き髪に露ぞ置きにける

3650: ひさかたの天照る月は見つれども我が思ふ妹に逢はぬころかも

3651: ぬばたまの夜渡る月は早も出でぬかも海原の八十島の上ゆ妹があたり見む

3652: 志賀の海人の一日もおちず焼く塩のからき恋をも我れはするかも

3653: 志賀の浦に漁りする海人家人の待ち恋ふらむに明かし釣る魚

3654: 可之布江に鶴鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも

3655: 今よりは秋づきぬらしあしひきの山松蔭にひぐらし鳴きぬ

3656: 秋萩ににほへる我が裳濡れぬとも君が御船の綱し取りてば

3657: 年にありて一夜妹に逢ふ彦星も我れにまさりて思ふらめやも

3658: 夕月夜影立ち寄り合ひ天の川漕ぐ船人を見るが羨しさ

3659: 秋風は日に異に吹きぬ我妹子はいつとか我れを斎ひ待つらむ

3660: 神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむ

3661: 風の共寄せ来る波に漁りする海人娘子らが裳の裾濡れぬ

3662: 天の原振り放け見れば夜ぞ更けにけるよしゑやしひとり寝る夜は明けば明けぬとも

3663: わたつみの沖つ縄海苔来る時と妹が待つらむ月は経につつ

3664: 志賀の浦に漁りする海人明け来れば浦廻漕ぐらし楫の音聞こゆ

3665: 妹を思ひ寐の寝らえぬに暁の朝霧隠り雁がねぞ鳴く

3666: 夕されば秋風寒し我妹子が解き洗ひ衣行きて早着む

3667: 我が旅は久しくあらしこの我が着る妹が衣の垢つく見れば

3668: 大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかも

3669: 旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむ

3670: 韓亭能許の浦波立たぬ日はあれども家に恋ひぬ日はなし

3671: ぬばたまの夜渡る月にあらませば家なる妹に逢ひて来ましを

3672: ひさかたの月は照りたり暇なく海人の漁りは灯し合へり見ゆ

3673: 風吹けば沖つ白波畏みと能許の亭にあまた夜ぞ寝る

3674: 草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさを鹿鳴くも

3675: 沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかも

3676: 天飛ぶや雁を使に得てしかも奈良の都に言告げ遣らむ

3677: 秋の野をにほはす萩は咲けれども見る験なし旅にしあれば

3678: 妹を思ひ寐の寝らえぬに秋の野にさを鹿鳴きつ妻思ひかねて

3679: 大船に真楫しじ貫き時待つと我れは思へど月ぞ経にける

3680: 夜を長み寐の寝らえぬにあしひきの山彦響めさを鹿鳴くも

3681: 帰り来て見むと思ひし我が宿の秋萩すすき散りにけむかも

3682: 天地の神を祈ひつつ我れ待たむ早来ませ君待たば苦しも

3683: 君を思ひ我が恋ひまくはあらたまの立つ月ごとに避くる日もあらじ

3684: 秋の夜を長みにかあらむなぞここば寐の寝らえぬもひとり寝ればか

3685: 足日女御船泊てけむ松浦の海妹が待つべき月は経につつ

3686: 旅なれば思ひ絶えてもありつれど家にある妹し思ひ悲しも

3687: あしひきの山飛び越ゆる鴈がねは都に行かば妹に逢ひて来ね

3688: 天皇の遠の朝廷と韓国に渡る我が背は家人の.......(長歌)

3689: 岩田野に宿りする君家人のいづらと我れを問はばいかに言はむ

3690: 世間は常かくのみと別れぬる君にやもとな我が恋ひ行かむ

3691: 天地とともにもがもと思ひつつありけむものを.......(長歌)

3692: はしけやし妻も子どもも高々に待つらむ君や島隠れぬる

3693: 黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人し悲しも

3694: わたつみの畏き道を安けくもなく悩み来て.......(長歌)

3695: 昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかも

3696: 新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつも

3697: 百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみたひにけり

3698: 天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ来にける

3699: 秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づきぬらむ

3700: あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかも

3701: 竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にける

3702: 竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめ

3703: 竹敷の宇敝可多山は紅の八しほの色になりにけるかも

3704: 黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて出でて来にけり

3705: 竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつとか待たむ

3706: 玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見む

3707: 秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに

3708: 物思ふと人には見えじ下紐の下ゆ恋ふるに月ぞ経にける

3709: 家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣手濡れぬ

3710: 潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒高く立ち来ぬ

3711: 我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取らずは行かじ

3712: ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手を濡れていかにせむ

3713: 黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし時の経ゆけば

3714: 秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明けにけるかも

3715: ひとりのみ着寝る衣の紐解かば誰れかも結はむ家遠くして

3716: 天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつろひにけり

3717: 旅にても喪なく早来と我妹子が結びし紐はなれにけるかも

3718: 家島は名にこそありけれ海原を我が恋ひ来つる妹もあらなくに

3719: 草枕旅に久しくあらめやと妹に言ひしを年の経ぬらく

3720: 我妹子を行きて早見む淡路島雲居に見えぬ家つくらしも

3721: ぬばたまの夜明かしも船は漕ぎ行かな御津の浜松待ち恋ひぬらむ

3722: 大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつか越え行かむ

中臣宅守(なかとみのやかもり)と狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)との贈答歌

3723: あしひきの山道越えむとする君を心に持ちて安けくもなし

3724: 君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天の火もがも

3725: 我が背子しけだし罷らば白栲の袖を振らさね見つつ偲はむ

3726: このころは恋ひつつもあらむ玉櫛笥明けてをちよりすべなかるべし

3727: 塵泥の数にもあらぬ我れゆゑに思ひわぶらむ妹がかなしさ

3728: あをによし奈良の大道は行きよけどこの山道は行き悪しかりけり

3729: 愛しと我が思ふ妹を思ひつつ行けばかもとな行き悪しかるらむ

3730: 畏みと告らずありしをみ越道の手向けに立ちて妹が名告りつ

3731: 思ふゑに逢ふものならばしましくも妹が目離れて我れ居らめやも

3732: あかねさす昼は物思ひぬばたまの夜はすがらに音のみし泣かゆ

3733: 我妹子が形見の衣なかりせば何物もてか命継がまし

3734: 遠き山関も越え来ぬ今さらに逢ふべきよしのなきが寂しさ

3735: 思はずもまことあり得むやさ寝る夜の夢にも妹が見えざらなくに

3736: 遠くあれば一日一夜も思はずてあるらむものと思ほしめすな

3737: 人よりは妹ぞも悪しき恋もなくあらましものを思はしめつつ

3738: 思ひつつ寝ればかもとなぬばたまの一夜もおちず夢にし見ゆる

3739: かくばかり恋ひむとかねて知らませば妹をば見ずぞあるべくありける

3740: 天地の神なきものにあらばこそ我が思ふ妹に逢はず死にせめ

3741: 命をし全くしあらばあり衣のありて後にも逢はざらめやも

3742: 逢はむ日をその日と知らず常闇にいづれの日まで我れ恋ひ居らむ

3743: 旅といへば言にぞやすきすくなくも妹に恋ひつつすべなけなくに

3744: 我妹子に恋ふるに我れはたまきはる短き命も惜しけくもなし

3745: 命あらば逢ふこともあらむ我がゆゑにはだな思ひそ命だに経ば

3746: 人の植うる田は植ゑまさず今さらに国別れして我れはいかにせむ

3747: 我が宿の松の葉見つつ我れ待たむ早帰りませ恋ひ死なぬとに

3748: 他国は住み悪しとぞ言ふ速けく早帰りませ恋ひ死なぬとに

3749: 他国に君をいませていつまでか我が恋ひ居らむ時の知らなく

3750: 天地の底ひのうらに我がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ

3751: 白栲の我が下衣失はず持てれ我が背子直に逢ふまでに

3752: 春の日のうら悲しきに後れ居て君に恋ひつつうつしけめやも

3753: 逢はむ日の形見にせよとたわや女の思ひ乱れて縫へる衣ぞ

3754: 過所なしに関飛び越ゆる霍公鳥多我子尓毛止まず通はむ

3755: 愛しと我が思ふ妹を山川を中にへなりて安けくもなし

3756: 向ひ居て一日もおちず見しかども厭はぬ妹を月わたるまで

3757: 我が身こそ関山越えてここにあらめ心は妹に寄りにしものを

3758: さす竹の大宮人は今もかも人なぶりのみ好みたるらむ

3759: たちかへり泣けども我れは験なみ思ひわぶれて寝る夜しぞ多き

3760: さ寝る夜は多くあれども物思はず安く寝る夜はさねなきものを

3761: 世の中の常のことわりかくさまになり来にけらしすゑし種から

3762: 我妹子に逢坂山を越えて来て泣きつつ居れど逢ふよしもなし

3763: 旅と言へば言にぞやすきすべもなく苦しき旅も言にまさめやも

3764: 山川を中にへなりて遠くとも心を近く思ほせ我妹

3765: まそ鏡懸けて偲へとまつり出す形見のものを人に示すな

3766: 愛しと思ひし思はば下紐に結ひつけ持ちてやまず偲はせ

3767: 魂は朝夕にたまふれど我が胸痛し恋の繁きに

3768: このころは君を思ふとすべもなき恋のみしつつ音のみしぞ泣く

3769: ぬばたまの夜見し君を明くる朝逢はずまにして今ぞ悔しき

3770: 味真野に宿れる君が帰り来む時の迎へをいつとか待たむ

3771: 宮人の安寐も寝ずて今日今日と待つらむものを見えぬ君かも

3772: 帰りける人来れりと言ひしかばほとほと死にき君かと思ひて

3773: 君が共行かましものを同じこと後れて居れどよきこともなし

3774: 我が背子が帰り来まさむ時のため命残さむ忘れたまふな

3775: あらたまの年の緒長く逢はざれど異しき心を我が思はなくに

3776: 今日もかも都なりせば見まく欲り西の御馬屋の外に立てらまし

3777: 昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣く

3778: 白栲の我が衣手を取り持ちて斎へ我が背子直に逢ふまでに

3779: 我が宿の花橘はいたづらに散りか過ぐらむ見る人なしに

3780: 恋ひ死なば恋ひも死ねとや霍公鳥物思ふ時に来鳴き響むる

3781: 旅にして物思ふ時に霍公鳥もとなな鳴きそ我が恋まさる

3782: 雨隠り物思ふ時に霍公鳥我が住む里に来鳴き響もす

3783: 旅にして妹に恋ふれば霍公鳥我が住む里にこよ鳴き渡る

3784: 心なき鳥にぞありける霍公鳥物思ふ時に鳴くべきものか

3785: 霍公鳥間しまし置け汝が鳴けば我が思ふ心いたもすべなし

更新日: 2017年09月03日(日)