第十一巻 : 鳴る神の少し響みて降らずとも

平成11年7月18日(日)更新


原文: 雷神 小動 雖不零 吾将留 妹留者

作者: 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)歌集より

よみ: 鳴る神の、少し響(とよ)みて、降らずとも、我(わ)は留まらむ、妹(いも)し留(とど)めば

意味: 雷(かみなり)が少しばかり鳴って雨が降るようなことがなくっても、私はとどまるよ、君が「いて欲しい」って言うのなら。

あなたとまだいっしょにいたいから雨でも降らないかしら、と詠んだ歌に対して、やさしい返事をしています。こんな歌のやりとりができるって、素敵ですね。

Comping Disc Resource Book 11 by PhotoDisc Inc.

第十一巻