第八巻 : 君待つと我が恋ひをれば我が宿の

2004年11月14日(日)更新


原文: 君待跡 吾戀居者 我屋戸乃 簾令動 秋之風吹

作者: 額田王(ぬかたのおおきみ)

よみ: 君待つと我が恋ひをれば、我が宿の、簾(すだれ)動かし、秋の風吹く

意味: あなた様を恋しく待っていますと、家の簾(すだれ)を動かして秋の風(かぜ)が吹いてきます。

天智天皇を思って詠んだ歌です。

撮影(2009.05) by きょう

第八巻