第八巻 : 手折らずて散りなば惜しと我が思ひし

2004年11月14日(日)更新


原文: 不手折而 落者惜常 我念之 秋黄葉乎 挿頭鶴鴨

作者: 橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)

よみ: 手折(たを)らずて、散(ち)りなば惜(を)しと、我(わが)が思(おも)ひし、秋(あき)黄葉(もみち)を、かざしつるかも

意味: 手折らないでいて、散ってしまったら惜しいことだと思っていた、秋(あき)黄葉(もみち)を、手折って髪にかざることができました。

天平10年(738)10月17日に橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)が催(もよお)した宴席(えんせき)で詠まれた歌です。

紅葉 撮影(2004.11) by きょう

第八巻