第八巻 : 我が岡にさを鹿来鳴く初萩の

平成11年10月10日(日)更新


原文: 吾岳尓 棹壮鹿来鳴 先芽之 花嬬問尓 来鳴棹壮鹿

作者: 大伴旅人(おおとものたびと)

よみ: 我が岡に、さを鹿(しか)来(き)鳴く、初萩の、花妻(はなつま)どひに、来(き)鳴くさを鹿

意味: 私の岡に、牡鹿がやってきて鳴いている。萩の花に求婚しにやってきた鹿が。

「妻どひ」とは、求婚することです。「花妻(はなつま)どひ」は、萩の近くにやってきた牡鹿のことを、萩に求婚しに来た、というように表現しているのですね。

スゴ(超)ネタ6 ふるさと より

第八巻