第八巻 : 我妹子が家の垣内のさ百合花

2005年07月17日(日)更新


原文: 吾妹兒之 家乃垣内乃 佐由理花 由利登云者 不欲云二似

作者: 紀朝臣豊河(きのあそんとよかわ)

よみ: 我妹子(わぎもこ)が、家の垣内(かきつ)の、さ百合花、ゆりと言へるは、いなと言ふに似る

意味: あなたの家の庭に咲いている百合のようなあなたが、「ゆり(また後でね)」というのは、「だめよ」と言っているようなものですよ。

百合 撮影 by きょう

第八巻