第八巻 : この花の一節のうちに百種の

平成10年3月22日(日)更新


原文: 此花乃 一与能内尓 百種乃 言曽隠有 於保呂可尓為莫

作者: 藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)

よみ: この花の一節(ひとよ)のうちに、百種(ももくさ)の、言(こと)ぞ隠れる、おほろかにすな

意味: このの枝には沢山の言葉が込められています。だから、粗末にしないでください。

藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)が娘子(をとめ)にの枝といっしょに贈った歌です。娘子(をとめ)からの返歌が次にあります。なお、娘子(をとめ)が誰のことかは不明です。


に戻る | 第八巻に戻る