第八巻 : つばな抜く浅茅が原のつほすみれ

2009年12月13日(日)更新


原文: 茅花拔 淺茅之原乃 都保須美礼 今盛有 吾戀苦波

作者: 大伴田村家の大嬢(おおいらつめ)

よみ: つばな抜く、浅茅が原のつほすみれ、今盛りなりわが恋ふらくは

意味: 浅茅(あさぢ)が原のすみれは、私の恋のように盛りです。

坂上大嬢(おおいらつめ)に贈った歌です。


第八巻