第八巻 : 我がやどに蒔きしなでしこいつしかも

平成11年6月13日(日)更新


原文: 吾屋外尓 蒔之瞿麥 何時毛 花尓咲奈武 名蘇經乍見武

作者: 大伴家持(おとものやかもち)

よみ: 我がやどに、蒔(ま)きしなでしこ、いつしかも、花に咲きなむ、なそへつつ見む

意味: 私の庭に蒔(ま)いた撫子(なでしこ)は、いつになったら咲くでしょうか。(咲いたら)あなただと思って見ようと思っています。

大伴家持(おとものやかもち)が、坂上大嬢(さかのうえのだいじょう)に贈った歌です。


第八巻に戻る