第八巻 : 霞立つ春日の里の梅の花

2003年4月13日(日)更新


原文: 霞立 春日之里 梅花 山下風尓 落許須莫湯目

作者: 大伴宿祢村上(おおとものすくねむらかみ)

よみ: 霞(かすみ)立つ、春日(かすが)の里の、梅の花、山のあらしに、散りこすなゆめ

意味: 霞(かすみ)のかかる春日(かすが)の里の梅の花。けっして山のあらしで散ったりしないで。

撮影(2003.3.9) by きょう

第八巻