第八巻 : あしひきの山桜花日並べて

2002年6月16日(日)更新


原文: 足比奇乃 山櫻花 日並而 如是開有者 甚戀目夜裳

作者:山部宿禰赤人(やまべのすくねあかひと)

よみ: あしひきの山桜花(やまさくらばな)、日(ひ)並(なら)べて、かく咲きたらば、いと恋(こ)ひめやも

意味: もしも山のが何日も咲いているのだったら、こんなに恋しいとは思わないでしょうに。

あっという間に散ってしまう桜だから、こんな風に歌われるのでしょうね。

撮影 by きょう

"恋(こ)めやも" → (現代かなづかい) "恋(こ)めやも"


第八巻