万葉集:色:朱華(はねず)

平成11年5月9日(日)更新


朱華(はねず)色(参考色)

朱華(はねず)色は、くちなしの黄の下染めをし、紅花(べにばな)で染めた、黄みのある淡紅色とされています。

朱華(はねず)色に染色された衣服は、灰で洗濯すると色落ちがします。そのことから、「うつろう」、「はかない」の言葉を導くようになったと考えられます。

3074: はねず色のうつろひやすき心あれば年をぞ来経る言は絶えずて


朱華(はねず)を詠んだ歌」もご参照ください。


| 色、いろいろに戻る