万葉集: 山の辺の道(やまのべのみち)

2003年9月21日(日)更新


穴師山(あなしやま)

初瀬川(はつせがわ)

引手(ひきて)の山

桧原(ひはら)

衾道(ふすまぢ)

巻向山(まきむくやま)

巻向川(まきむくがわ)

三輪山(みわやま)

弓月が嶽(ゆつきがたけ)


奈良の三輪山(みわやま)のふもとから北に、ふもとの道をたどりながら奈良の高円山(たかまどやま)のふもとに至る曲がりくねった古代からの道です。

万葉歌碑もたくさんありますので、1日をかけてゆっくりと歩いてみると良いですね。


奈良